妊娠中のトラネキサム酸化粧品の使用について詳しく調べまとめました

トラネキサム酸の化粧品は妊婦でも使用して大丈夫?

トラネキサム酸は妊婦の方が使用しても大丈夫なのか、化粧品やサプリメントの成分としてのトラネキサム酸がどのくらい胎児に影響するのかなど調べまとめました。妊娠中に気を付けたい医薬品や化粧品の成分についてもご紹介しています。

トラネキサム酸の化粧品は妊婦でも使用して大丈夫?

トラネキサム酸の化粧品は妊娠中や授乳中に使っても大丈夫?

「妊娠中や授乳中の医薬品の服用は赤ちゃんにも影響する」ということは広く知られていますが、トラネキサム酸は医薬品にも使われている成分なので慎重になってしまう方も少なくありません。しかし、美白化粧品に「皮膚から吸収されて胎児に影響するほどの量のトラネキサム酸」が配合されていることはまずないため、トラネキサム酸の化粧品は妊娠中や授乳中にも安心して使うことができます

ただし、出産前後は肌が敏感になっている時期でもあるため、新しい化粧品を試す際にはパッチテストを行うなどしてトラブルが起こらないことを確認するようにしましょう。

妊娠中に気を付けたい化粧品の成分って?

トラネキサム酸が配合されている化粧品が妊娠中や授乳中に使っても安心・安全であることは分かりましたが、多くの化粧品に含まれているあらゆる成分の中には、お腹の赤ちゃんへの影響があるものもあるため注意が必要です。

妊娠中に気を付けたい化粧品の成分①パラベン

防腐剤として多くの化粧品に含まれているパラベンですが、分子が非常に細かいため経皮吸収されやすく、検査をすると多くの妊婦さんから検出されるといいます。

パラベンは皮膚の表面から多量に体に吸収されて蓄積されてしまうと、胎児の成長が阻害されたり、肥満遺伝子を持った新生児が生まれる傾向にあるという研究結果も出ています。

妊娠中に気を付けたい化粧品の成分パラベン

「メチルパラベン」などは比較的肌からの吸収率が悪く、少量なら敏感肌の方でも使用できるという報告もありますが、妊娠中は胎児への影響も考え、パラベンが含まれている化粧品は極力避けた方が安心です。

こちらもあわせてご覧ください
妊婦さんも安心「パラベンフリー」のトラネキサム酸化粧品は「天使の聖水」

妊娠中に気を付けたい化粧品の成分②サリチル酸

古い角質を溶かし角栓を除去する働きを持つサリチル酸は、ピーリング化粧水やニキビケア用品に配合されていることが多い美容成分です。

妊娠中に気を付けたい化粧品の成分サリチル酸

医薬品として処方される際には「非ステロイド性抗炎症薬」という種類に分別され、臨月の妊婦が多量に使用した場合には、分娩開始が遅れる、胎児に脳損傷が起こる、新生児に黄疸が起こる、分娩後の母体や新生児に出血が生じる、などの危険がありますので、特に妊娠後期の妊婦の方は使用を控えたほうがよさそうです。

妊娠中に気を付けたい化粧品の成分③アロマオイル(精油)

妊娠中、リラックスやリフレッシュを目的としてアロマオイルを焚く女性は少なくありません。しかし、オイルの種類によっては女性ホルモンの分泌と排卵を促す効果をもたらすものや、子宮収縮を促す作用があるものもあるため要注意です。

妊娠中に避けるべきアロマオイル
カモマイル
セージ
フェンネル

など

また、マッサージオイルやオーガニックコスメに含まれる精油についても、成分が濃縮されているために香りが強く、アロマオイルと同じように体調に影響する場合がありますので注意が必要です。

特に直接身体に塗るときは、ホホバオイルや低刺激のベビーオイルなどで薄めてから塗るようにしてください。

トラネキサム酸のサプリメントは妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫?

肝斑に効果のある内服薬には病院で処方される「トランサミン」がありますが、通販などで購入できる「シミ対策サプリメント」にも美白有効成分としてトラネキサム酸が含まれている場合があります。

医療用医薬品としてのトラネキサム酸の服用量は通常成人1日あたり750mg~2000mgとされており、サプリメントに含まれるトラネキサム酸の量についても1日摂取目安量に最大750mgとされています。

トラネキサム酸のサプリメントは妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫?

この量を超えて過剰摂取することがない限り妊娠中や授乳中の服用は問題ないと言われていますが、添付文書を確認すると「妊娠初期は主治医に相談してください。」と書かれているものもあるため、自己判断ではなく必ずかかりつけの産婦人科医に事前に相談するようにしましょう。

トラネキサム酸のサプリメントを常用しているのに妊娠が発覚したら

妊娠の兆候を感じてから妊娠が発覚するまでの流れとしては、最終生理予定日から1週間以上経過した妊娠5週目頃より「眠気」や「吐き気」といった「妊娠初期症状」と呼ばれる体調の変化を感じ始め、間もなく妊娠検査薬が反応する、というのが一般的です。妊娠初期症状があらわれ始める丁度この時期に、胎児は脳や神経、心臓、胃腸、手足といった、身体にとって重要なあらゆる器官が形成され始めますので、これ以後の服薬には注意が必要です。

一方で、胎児の身体が形成される以前の「妊娠超初期」の服薬については、妊娠が順調に進んでいるのであれば、胎児への影響はほとんどないと言われています。つまり、トラネキサム酸のサプリメントを常用しているのに妊娠が発覚した場合でも、分かったタイミングで服用をやめれば問題ない、ということになります。

ただし、サプリメントは用量・用法を守り正しく服用するよう心がけておくことが大前提です。また、体調に変化を感じたら直ぐに妊娠検査薬を試すことも重要です。

妊娠中でも安心のトラネキサム酸化粧品ご紹介

おすすめ
天使の聖水 天使の聖水

4,400円(税込)/100ml

メラノフォーカス3D メラノフォーカス3D

11,000円(税込)/45g

トランシーノ薬用ホワイトニングクリアローション トランシーノ薬用ホワイトニングクリアローション

3,960円(税込)/175ml

ページのトップへ