トラネキサム酸にはどんな効果あるのか詳しく調べまとめました

トラネキサム酸にはどんな効果があるの?

美白の有効成分として認知度が高いトラネキサム酸ですが、美容業界でも医療の現場でも活躍するなど多くの分野にわたり、その効果は非常に多面的です。トラネキサム酸の嬉しい美容効果や医薬品としての働きについてご紹介いたします。

トラネキサム酸にはどんな効果があるの?

トラネキサム酸の特徴とその働き

トラネキサム酸は美白効果のある成分として2002年に厚生労働省から正式に承認を受けた、人工的に合成されたアミノ酸の一種です。「プラスミン」という体内の酵素を抑制する作用を持っているため、この作用による以下のような効果が期待できます。

  • メラニンの生成を抑制する効果
  • 炎症を抑える効果
  • 固まった血液を溶けにくくする効果

トラネキサム酸の効果は多岐にわたるため、美容医療といった様々な分野で活躍しています。

トラネキサム酸の持つ 美容成分としての効果とは?
美白効果 肝斑やシミの原因である「メラニン」が生成されるためには、「プラスミン」という物質が働かなければなりません。トラネキサム酸にはこのプラスミンの働きを邪魔する作用があるため、メラニンの産生が始まらず、肝斑やシミができにくくなるという「美白効果」が期待できるというわけです。これについては「肝斑にトラネキサム酸が効果的な理由」のページでより詳しく解説しています。
美肌効果 「プラスミン」は「メラニンの生成」以外にも「表皮細胞に角化異常を起こす」働きを持っています。これにより角質が厚くなり、毛穴が塞がれニキビができやすくなったり、肌荒れの原因にもなり得ます。トラネキサム酸がプラスミンの働きを阻害することで、ニキビや肌荒れを防ぐことができ「美肌効果」も期待できるのです。
トラネキサム酸の持つ 医薬品としての効果とは?
止血効果 なにかの衝撃で血管が破れ出血してしまったとき、血小板は止血のために集まって固まります。そして、破れた血管が修復されたあと、この固まった血液を溶かすのが「プラスミン」です。「プラスミン」の働きが活発になり過ぎると、血栓がすぐに分解されてしまい出血が止まりません。トラネキサム酸にはこのプラスミンの働きを邪魔する作用があるため、血液を積極的に固めることができ、「止血剤」としての効果が得られるというわけです。
抗炎症効果 「プラスミン」は「血栓を溶かす」以外にも「炎症を誘発する」働きを持っており、具体的には腫れや痛みを引き起こす物質「キニン」を産生したり、白血球などを血管の外に出し働かせることで表皮が赤くなったり熱を持ったりするのを促します。トラネキサム酸がプラスミンの働きを阻害することでこうした炎症を抑えることができるため、咽頭炎や皮膚炎といったあらゆる症状に抗炎症剤として処方されるのです。

まとめ

昔から蕁麻疹などの皮膚炎を抑えるために処方されていたトラネキサム酸ですが、あるとき副産物として肝斑が薄くなったことによりその美白効果に注目が集まった、というエピソードは、とても面白く興味深いと感じました。

調べていくうちに美白効果や抗炎症作用などの様々な働きはすべて「プラスミン」という成分の働きを阻害する「抗プラスミン作用」と関連していることが分かり、合点がいきました。

「抗プラスミン作用」については「肝斑にトラネキサム酸が効果的な理由」のページでも詳しくご紹介していますので、ご興味のある方はぜひご覧になってみてください。

美白有効成分トラネキサム酸の化粧品ご紹介

おすすめ
天使の聖水 天使の聖水

4,400円(税込)/100ml

メラノフォーカス3D メラノフォーカス3D

11,000円(税込)/45g

トランシーノ薬用ホワイトニングクリアローション トランシーノ薬用ホワイトニングクリアローション

3,960円(税込)/175ml

ページのトップへ