肝斑を消すための生活習慣について詳しく調べまとめました

肝斑を消すためには生活習慣も関係!

肝斑を消すためには、生活習慣の改善も効果的です。日頃の生活習慣を見直すことで、偏った食事や睡眠不足、ストレスなどを解消し、肌トラブルの改善につなげましょう。

肝斑を消すためには生活習慣も関係!

肝斑を悪化させる悪い習慣

肝斑の主な原因は、女性ホルモン「エストロゲン」により肌細胞が刺激されることでメラニンが生成されるためであるという点については「肝斑にトラネキサム酸が効果的な理由」のページで詳しく解説いたしましたが、肝斑を悪化させる習慣とはつまりホルモンバランスの乱れる生活であると言えそうです。

ホルモンバランスが乱れる要因としては、妊娠や出産、ピルの服用、あるいは更年期前後というケースも考えられます。それ以外にも、日々のストレスや暴飲暴食・睡眠の質の低下など生活習慣も、ホルモンバランスには深く関係していそうです

肝斑を悪化させる悪い習慣

また、女性ホルモンの他に肝斑が悪化してしまう要因として挙げられるのは「肌の摩擦」です。例えば日頃フェイスマッサージを頻繁に行っていたり、クレンジングや洗顔の際に肌を強く擦ってしまう方は、マッサージの頻度を減らしたり、洗顔はたっぷりの泡でなでるように洗うよう心掛けてみてください。

シミに強い身体をつくろう

シミや肝斑を内側から改善していくためには、紫外線予防やスキンケアといった外側からの対策に加え、身体が本来持っている修復機能によって日々の紫外線ダメージやメラニン色素を過剰にため込み過ぎない免疫力の高い身体づくりも重要です。

シミに強い身体をつくろう

また、抗酸化作用のあるアボカドやキャベツなどを積極的に食事に取り入れることで、体内に抗酸化物質を常備しておくことができ、活性酸素によるメラニンの生成を抑制できます。

シミに強い身体をつくるのに効果的な食材や、反対に好ましくない食べ物について調べてみました。

シミをできにくくする食べ物

免疫力を高め抗酸化力をアップする「リコピン」を豊富に含む食材
トマト
スイカ
カキ
人参

など

メラニン色素の生成を抑える「エラグ酸」や「ビタミンC」を豊富に含む食材
いちご
ザクロ
アサイー
キウイフルーツ
アセロラ
パセリ
ゆず

など

メラニンの排出を促すたんぱく質や「ビタミンE」を多く含む食材
牛肉
豚肉
鶏肉
乳製品
マグロ
大豆製品
アボカド
ほうれん草
ナッツ類
かぼちゃ
うなぎ

など

シミによくない食べ物

カフェインにはメラニンを移動、拡散させる作用があり、シミを濃くしてしまう可能性があります。また、砂糖や糖分は細菌のエサになるため、摂り過ぎると細菌と戦うために活性酸素が過剰発生し、これがシミの原因となります。

カフェインを含む食品
コーヒー
紅茶
緑茶
ウーロン茶
ドリンク剤
ガム
チョコレート

など

砂糖・糖分を多く含む食品
甘いお菓子
砂糖入りの飲料
ご飯
パン
麺類

など

肝斑を消すための生活習慣と言えば!
トラネキサム酸化粧品でデイリーケア

おすすめ
天使の聖水 天使の聖水

4,400円(税込)/100ml

メラノフォーカス3D メラノフォーカス3D

11,000円(税込)/45g

トランシーノ薬用ホワイトニングクリアローション トランシーノ薬用ホワイトニングクリアローション

3,960円(税込)/175ml

ページのトップへ