肝斑にトラネキサム酸が効果的な理由について詳しく調べまとめました

肝斑にトラネキサム酸が効果的な理由

肝斑にトラネキサム酸が効果的だといわれる理由について検証しました。シミの中でも30代40代に多い「肝斑」の原因は「紫外線」だけではなく、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌も影響するようです。これについて詳しく解説いたします。

肝斑にトラネキサム酸が効果的な理由

肝斑の特徴から改善策を探る

30〜40歳代に発症することが多い「肝斑」は、妊娠や出産、経口避妊薬の服用が発症を促したり症状を悪化させたりすることから、「女性ホルモンのバランスが影響してできるシミ」と考えられています。

それを裏付けるように、女性ホルモンの分泌が著しく減少する閉経とともに薄くなり、高齢者にはほとんど見られないという統計も出ています。

肝斑の特徴から改善策を探る

一般的に「シミ」と言えば「紫外線」を浴びることでメラニンが生成され色素沈着となって発生するものですが、肝斑の場合紫外線を浴びなくてもできる可能性があるということになります。

つまり「ビタミンC誘導体」や「アルブチン」といった身体の外側からメラニンの生成を抑制する成分だけではなく、身体の内外から働きかける「トラネキサム酸」こそが肝斑に効果的ということです。

メラニンとは
肌細胞が刺激を受けることで皮膚癌といった病気になるのを防ぐために表皮の基底層で生成される「色素」のことで、過剰に作られると色素沈着を起こし「シミ」「肝斑」となります。

身体の内外から働きかける「トラネキサム酸」

私たちのお肌は主に「ケラチノサイト」という細胞によって構成されています。ケラチノサイトが様々な刺激誘因物質に刺激されることで、メラノサイト活性化因子である「プラスミン」が産生され、活性化された「メラノサイト」がメラニンを生成し発生するシミが「肝斑」です。

こちらもあわせてご覧ください
肝斑の特徴についてはこちら
ケラチノサイトとは
皮膚の大部分を構成する肌細胞です。ターンオーバーによって常に生まれ変わり、古くなったケラチノサイトは垢となって次々に剥がれ落ちていきます。
プラスミンとは
血液中のタンパク質で、血栓を溶かす働きや、炎症を促す働き、メラノサイトがメラニンを生成するのを活性化する働きを持っています。
メラノサイトとは
表皮の基底層に存在し、刺激誘因物質によって活性化する色素細胞です。シミや肝斑の原因となる「メラニン」を生成します。
エストロゲンとは
皮膚を厚く、保水量を高く維持する作用を持った女性ホルモンですが、メラニンの生成を促進する働きも持っているため色素沈着が起こりやすくなります。 妊娠期に肝斑ができたり乳輪の色素が濃くなるのもこのエストロゲンが影響しています。

「トラネキサム酸」は「エストロゲン」の働きに影響を与えることはできませんが、「プラスミン」がメラノサイトを活性化させるのを阻害することでメラニンの生成を抑制し、肝斑が発生するのを防ぐことができます。これをトラネキサム酸の「抗プラスミン効果」といいます。

抗プラスミン効果とは
プラスミンという物質が血栓を溶かす作用や炎症を促す作用、メラノサイトがメラニンを生成するのを活性化する作用を阻害することで、止血、抗炎症、美白などの効果を得ることです。

トラネキサム酸化粧品の肝斑改善効果には個人差はありますが、30代から40代女性のターンオーバー周期である約2ヶ月ほど使ってみて、肝斑が薄くなるか、あるいは増えてないかで効果を確かめることができるかと思います。

こちらもあわせてご覧ください
トラネキサム酸配合の化粧品おすすめ10選はこちら

肝斑に身体の内側から働きかけるトラネキサム酸化粧品ご紹介

おすすめ
天使の聖水 天使の聖水

4,400円(税込)/100ml

メラノフォーカス3D メラノフォーカス3D

11,000円(税込)/45g

トランシーノ薬用ホワイトニングクリアローション トランシーノ薬用ホワイトニングクリアローション

3,960円(税込)/175ml

ページのトップへ