肝斑の原因・シミの原因について詳しく調べまとめました

肝斑の原因・シミの原因とは?

肝斑の原因、シミの原因について調査しました。シミにはいくつかの種類があり、特徴やケアの方法も異なります。それぞれの原因をしっかり理解して対策を考えていきましょう。

肝斑の原因・シミの原因とは?

シミの種類と見分け方

シミにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なります。原因やケア方法も異なりますので、まずは見分け方を確認してみましょう。

肝斑(かんぱん) もやもやとしたシミが左右対称にできるのが特徴
肝斑(かんぱん)
Check!!
  • 年齢は30~40代
  • 妊娠したことがある
  • ピルを飲んでいる
  • 季節によってシミの色の濃さが変わる
  • 日頃からフェイスマッサージを行っている
  • 強いストレスを感じている
色素斑(しきそはん) 薄茶色で輪郭がはっきりした類円形をしているのが特徴
色素斑(しきそはん)
Check!!
  • 年齢は30代
  • アウトドアで過ごすことが多い
  • 若い頃に日焼けをしていた
  • 年齢を重ねるごとに増えてきた
雀卵斑(じゃくらんはん) 鼻から頬にかけて茶色く散らばるようにできるのが特徴
雀卵斑(じゃくらんはん)
Check!!
  • 年齢は20代
  • ダイエットをしている
  • 春から夏にかけて色が濃くなる
  • 睡眠時間は短い
  • 好き嫌いが多い

それぞれのシミの原因とケア方法

肝斑の原因と対策

女性ホルモンが関係していると考えられている肝斑は、30~40代の女性に多く見られます。妊娠や経口ピルの服用を契機に発症したり、閉経後に改善したりすることがあるようです。

肝斑の原因と対策

肝斑をケアするにはメラニン色素を生成させない、沈着させないことが大切です。美白ケア用の基礎化粧品は、トラネキサム酸など「メラニンの生成を抑制する」効果の高い成分を配合しているものがおすすめです。

色素斑の原因と対策

色素斑は紫外線ダメージが蓄積した結果できるシミです。いま紫外線対策をしても、昔に浴びた紫外線の影響でシミが増えることもあります。

色素斑の原因と対策

美白ケア用の基礎化粧品は、ビタミンC誘導体など「黒くなってしまったメラニンを無色化する働き」をもった成分を配合しているものがおすすめです。

雀卵斑の原因と対策

雀卵斑の原因は様々ですが、先天的なものと後天的なものがあるようです。先天的なものの場合は思春期に一時的に増え大人になるにつれて消えることもあるようですが、後天的なものの場合は自然に消えることはなく、年々目立ちやすくなります。

雀卵斑の原因と対策

無理なダイエットによるビタミン不足やミネラル不足、睡眠不足なども原因のひとつとされていますので、まずは規則正しい生活を心がけましょう

どんなタイプのシミにも効くトラネキサム酸化粧品ご紹介

おすすめ
天使の聖水 天使の聖水

4,400円(税込)/100ml

メラノフォーカス3D メラノフォーカス3D

11,000円(税込)/45g

トランシーノ薬用ホワイトニングクリアローション トランシーノ薬用ホワイトニングクリアローション

3,960円(税込)/175ml

ページのトップへ