トラネキサム酸配合の美白化粧品の選び方について詳しく調べまとめました

トラネキサム酸配合の美白化粧品の選び方

トラネキサム酸化粧品の選び方についてご紹介いたします。肝斑やシミの予防・改善に効果が期待できると言われているトラネキサム酸化粧品ですが、どういった点を基準に選べばよいのでしょうか?

トラネキサム酸配合の美白化粧品の選び方

美白化粧品はどんな種類があるの?

一口に美白化粧品と言っても、予防を目的とした商品と改善を目的とした商品とが存在し、それぞれ用途や配合されている成分の種類や濃度などが異なりますので、商品の特徴や期待できる効果を知り、肌悩みに合った化粧品選びを心がけましょう。

こちらもあわせてご覧ください
美白効果を高めるには美容成分を理解しよう!

また、「美白化粧品」は、以下の三種類に分類わけがされています。

美白化粧品①医薬品

病院での処方箋が必要になる「医療用医薬品」と、薬局やドラッグストアでも購入することができる一般用医薬品「OTC医薬品」とを総称し、「医薬品」と言います。

医薬品

厚生労働省により美白効果が有効であると承認されている「有効成分」を配合しており、主に予防や治療を目的として生産された美白化粧品を指します。

美白化粧品②医薬部外品

厚生労働省が許可した「有効成分」が一定の濃度で配合されているものを「医薬部外品」といいます。治療ではなく防止、衛生、予防を目的に作られ、「シミを防ぐ」などの効果を訴求することができ、「薬用」と謳うこともできます。

医薬部外品

また、医薬品から移行した物などを含む「指定医薬部外品」もこちらの区分に入ります。

美白化粧品③化粧品

「医薬品」「医薬部外品」と記載のない美白化粧品も美白ケアに嬉しい成分はたくさん配合されています。ただし、「厚生労働省認定」の美白成分ではないため、「美白有効成分」などと紹介することはできません

化粧品

厚生労働省の認可がないからといって美容効果が感じられないというわけではないので、「医薬品」「医薬部外品」と書かれていないからという理由で選択肢から外してしまうのはもったいないことです。

謳い文句に惑わされず、自分に合った化粧品を見つけましょう

長く使い続けて欲しいから「シンプル」なものを

肝斑やシミの濃さが鏡で見て分かるほど薄くなるまでには、どんなアイテムを使っても数ヶ月かかるのが一般的です。地道に続けていけば確実に改善しますので、長い目で見てずっと無理なく続けられそうな商品かどうかというのは、実はいちばん重要な選定基準なのかもしれません。

長く使い続けて欲しいから「シンプル」なものを

洗顔から化粧水、乳液、クリームと、フルラインで使わなければならないシリーズ、パウダーや原液を自分で溶かなければならないタイプの化粧品、経済的に続けにくい商品などは、効果が現れる以前に挫折してしまうことも多いため避けましょう。

トラネキサム酸をたっぷり補うなら美容液がおすすめ!

トラネキサム酸が配合された化粧品と言えば、化粧水や美容液、乳液、クリーム、マスクなど様々ありますが、有効成分がいちばん高濃度で配合されているのが「美容液」です。

濃度が高いということはそれだけ即効性も高く、目的に合った集中的なケアをしたいといった場合には最適と言えます。肝斑やシミ対策の効果をいち早く実感したいという人は美容液を選ぶようにしましょう。

おすすめのトラネキサム酸化粧品ご紹介

おすすめ
天使の聖水 天使の聖水

4,400円(税込)/100ml

メラノフォーカス3D メラノフォーカス3D

11,000円(税込)/45g

トランシーノ薬用ホワイトニングクリアローション トランシーノ薬用ホワイトニングクリアローション

3,960円(税込)/175ml

ページのトップへ